只管打漕 (しかんたそう)



そろそろかな・・・

去年は3月1日に初漕ぎでした・・・。
今年は去年より雪が多いのでまだ漕げてません。
今週あたりがチャンスかと思ってたんですがちょっと空き時間がなくなりそうな気配。空いてる日の予想最高気温が3度を超えるようなら行こうかと思案中です。

まだまだニセコはスキーシーズンです。
b0083589_182283.jpg
山でジェラートを発見した方。
b0083589_1825778.jpg
おいしそー。
b0083589_1833619.jpg

そういえば最近タカボク行ってないなー。

バックカントリーが楽しいのは言うまでもないんですが最近はゲレンデもかなり楽しくなってきました。
b0083589_1874633.jpg
今は二軸動作が研究テーマの一つです。

ちなみにカヤックも二軸を意識するとうまくいくことが多かったです。
フォワードストロークも中心軸より二軸感覚が適してるように思います。身体の中心を意識したローテーションではなく二つの軸を交互に使う運動です。この場合ローテーションというか捻り動作は使いません。正確に言うといかに捻りを最小限に押さえて体幹までブレードを持ってこれるかがポイントです。

そして腕・・・というより上半身の使い方も「押せる」ポジションが重要。パドリング時に押し手と引き手という感覚は中心軸感覚ですが二軸を使って両手とも「押す」ポジションでフォワードを漕ぐと有効にエネルギーを推進力に換えられます。水をキャッチしているブレード側の手を引くのではなく「押して」漕ぐのがポイントなんです。

カートもボクの中では完全に二軸です。苦手な側は二軸の切り替えが下手なんで回しづらいって感じです。でも二軸の切り替えがうまくできるとスムーズに回せる時があるんです。上半身を中心に回すイメージの中心軸運動はホールで抜群のコントロールができる上級者には可能な境地かと思いますが二軸を切り替えながら回すのが不安定な外乱要素(ホール内ということ)の中では有効だと思ってます。

たぶん上手な人がホールで上半身の位置を変えずに回していてもそれは中心軸感覚ではなく二軸を上手に切り替えることによって上半身の位置を固定しているものと思われます。

・・・今日は久しぶりに時間ができた(ただ仕事を先延ばししてるだけか)のと、この時期にしてはなまら楽しいパウダーを満喫してきたので調子に乗っていっぱい書いちゃいました。

両手とも押すフォーワードストローク・・・分かってもらえるかな・・・?カートのストロークも「プッシュ&プル」の繰り返しじゃなく「プッシュ&プッシュ」でないとダメなんです。
ブラントで角度を出すためには二軸は必須だと思います。
[PR]
by image-works | 2008-03-02 18:04 | 尻別川
<< おたんじょうび あけましておめでとうございます・・・ >>


フリースタイルカヤック
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
リンク
以前の記事
カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧